酸化ストレス・抗酸化力 測定機器 酸化ストレス・抗酸化力 測定試薬 ソリューション機器 サプリメント セミナー 製品一覧 企業情報








ホーム

測定試薬一覧

d-ROMsテスト

BAPテスト

OXY吸着テスト

-SHpテスト

d-ROMsテストは血液サンプル中の酸化ストレスを簡便に測定するテストキットです。

酸化ストレスの元となる活性酸素・フリーラジカルは、その高い活性と短い半減期により、直接測定することは難しく、それが臨床レベルでの応用においての障害となっていました。d-ROMsテストでは活性酸素・フリーラジカルを直接測定するのではなく、代謝産物のROOHを捉えて酸化ストレス測定として定量化します。それにより、臨床研究だけでなく、その他様々な分野(食品・スポーツ等)での応用を可能としています。

■測定原理
活性酸素・フリーラジカルが、体を構成する脂質・タンパク質・アミノ酸・核酸などを酸化させた際に生じる代謝産物であるヒドロペルオキシド(ROOH)をはじめとしたトータルの過酸化物を捉える。4.8PHの酢酸緩衝液にサンプルを混合し、鉄イオンの存在下で過酸化物をラジカルに戻す。そのラジカルと反応する呈色液(N,N-ジエチルパラフェニレンジアミン)を混合し、その濃度を測定する。測定単位は『CARR U』で表される。
※1 CARR U = 0.08 mg H2O2 / dL


測定における主な反応
R-OOH + Fe2+ → R-O・ + Fe3+ + OH-R-O・ + A-NH2 → R-O- + [A-NH2・]+
R-OOH + Fe3+ → R-OO・ + Fe2+ + H+R-OO・ + A-NH2 → R-OO- + [A-NH2・]+
R-OOH=ヒドロペルオキシド全般   A-NH2=N,N-ジエチルパラフェニレンジアミン
R-O・=アルコキシラジカル       (d-ROMsテストのクロモゲン基質)
R-OO・=ペルオキシラジカル    [A-NH2]=クロモゲン基質の呈色したラジカル陽イオン

■検体と保存
検体は血清・ヘパリン血漿(※EDTAとクエン酸サンプルは不可)。-20℃以下で1年間検体の保存が可能。


■試薬の分類
装 置 製 品 商品コード
FREE Carrio Duo d-ROMsテストキット50回分 DI-003b
FREE carpe diem d-ROMsテストキット50回分 DI-003b
FRAS4 d-ROMs U-kit 50回分 DI-001b

■性能
検出下限値 11 UCARR
定量下限値 40 UCARR
測定範囲 40-1000 UCARR
同時再現性
n= 20
Mean (UCARR) DS CV%
300.3 6.20 2.07
日差再現性
n= 20
Mean (UCARR) DS CV%
295.0 5.28 1.79
変動係数 CV % = 1.72
決定係数
(吸光度と検体濃度の相関)
R2 = 0.9981
回収率試験(%) 90-103 %

■主要文献
文献名:
1. Cornelli U, et al. Intern. Union of Angiology’s Bulletin. 1999. 15: 7-10.
2. Cesarone MR, et al. International Angiology. 1999. 18 (2): 127-130.
3. Alberti A, et al. Res Chem Intermed. 2000. 26 (3): 253-67.
4. Trotti R., et al. Haematologica. 86: 85-91.
5. Gerardi GM, et al. Clin Chem Lab Med. 2002. 40 (2): 104-110.



測定機器
 ・酸化ストレス製品一覧
 ・FREE Carrio Duo
 ・FREE carpe diem
 ・FRAS4
測定試薬
 ・測定試薬一覧
 ・d-ROMs
 ・BAP
 ・Oxy吸着テスト
 ・-SHpテスト
ソリューション機器
 ・酸素注入機器
サプリメント
 ・ドクターズBAPミネラル
セミナー
 ・医療関係者向けセミナー
 ・スポーツ医学関係者向けセミナー
取扱い製品一覧
 ・製品一覧
 ・暗視野顕微鏡
 ・アムサット
 ・ビートライトレント
世界の論文
 ・世界の論文一覧
会社情報
 ・企業理念 代表メッセージ
 ・会社概要
 ・Corprate profile
 ・プライバシーポリシー
WISMERLL JOURNAL
 ・WISMERLL JOURNAL一覧
ニュースリリース&トピックス
 ・ニュースリリース&トピックス一覧

お問い合せ・資料請求
 ・お問い合せ・資料請求フォーム